TOP > 美容情報

美容情報

2017.08.13

「酸化」より怖い老化の原因である「糖化」とは

みなさんは「糖化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 糖化とは身体の中の古いたんぱく質が糖と結びつくことで「AGEs」と呼ばれる老化物質に変わってしまい、それによって肌が変色したり弾力や張りが失われてしまうことを指します。 それだけではなく糖尿病や骨粗しょう症などの生活習慣病まで引き起こしてしまう恐ろしい現象です。 これらはどのように引き起こされるのでしょうか。今回は美容の大敵である「糖化」についてお話しします。

・「糖化」と「酸化」の違いは? お肌の劣化を引き起こすことで有名な酸化については聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 酸化は紫外線や過度な運動などで発生する「活性酸素」が体内のたんぱく質と結びつき、メラニンを増やしたりお肌の免疫を落ちることが原因でお肌のトラブルを引き起こします。 一方で糖化は上述のように、たんぱく質と糖が結びつき、お肌自体の性質を変えてしまうという現象です。 酸化も糖化も老化に影響する点では共通しているのですが、糖化した細胞は本来の働きをすることができず、活性酸素を取り除くはずの機能にまで影響し「酸化まで促進してしまう」という恐ろしさがあります。

・糖化の原因 糖化の原因はその名の通り、過剰に取りすぎた炭水化物、糖質などが原因となって起こります。 適度な量であれば糖質はエネルギーとして消費されるので、身体にとってもいいものなのですが過剰に摂取した分は血中に溶け出し血糖値を上昇させます。 慢性的に血糖値が高くなってしまうことを糖尿病ともいうように、過度な糖質の摂取は身体にとって非常によくないものです。そのため、これらの症状は「糖毒」とも言われることがあります。 最近では手に取りやすい清涼飲料水や菓子パンなどには多くの糖質が含まれているため、日常的に糖質過剰になりがちなので注意が必要です。

・糖化対策 原因のところで説明したように、糖化は過剰な糖質摂取が原因として起こるためそれらの食事をできるだけ抑えることはもちろん、運動などでエネルギーを積極的に消化することで体内の糖濃度を減らすことが可能です。 また、食事の順番を変えるだけでも血糖値の上昇を抑えることができます。 野菜などの食物繊維が豊富な食べ物を初めに食べることで栄養の吸収を抑え、結果として血糖値の上昇をゆるやかにすることが可能です。

また、血糖値は食後に急上昇することから、この時間に軽い運動を行うことも血糖値が高まりすぎるのを防ぐために有効な方法のひとつ。 このように日常的にすぐ行える方法が糖化を防止するための方法として挙げられるので、みなさんも是非生活の中に取り入れてみてくださいね。
Top

Copyright© SALON DE ESPOIR. All Rights Reserved.