TOP > 美容情報

美容情報

2017.08.29

アンチエイジングに重要な基礎知識!Part3 食事編

前回は、アンチエイジングにとって重要な要素である「睡眠」や「運動」などの習慣についてご説明しました。 身体の老化には、普段の生活習慣が深く結びついています。健康の乱れは身体の表面に顕れてしまうため、常に規則正しい生活を送ることが重要です。 今回はそんな大切なもう一つの習慣、「食事」についてお話したいと思います。

・「食事」が身体を作る 私たちの身体は食事によって維持されています。食事を行わなければ、身体に栄養が行き渡らず、身体が活動するためのエネルギーも生産されません。そのため、肌のハリや運動を行う身体機能が低下してしまうのです。 その上、身体に栄養が入らないことで、肌を酸化から守るビタミンなどが不足し、肌の受けるダメージが増加してしまうといったデメリットも挙げられるのです。

しかし、その逆もあります。肌を守るために必要な栄養などを効率よく取り入れることで、身体の代謝機能を高めたり、抗酸化作用が得られたりなど、食事はアンチエイジングにも重要な役割である習慣の一つです。 そのため、普段から栄養バランスを考えた食事習慣を作ることも、アンチエイジングに効果的な方法となります。

・どのような食事を取ればよいのか 前回の記事で肌の老化を及ぼす「活性酸素」についてお話しました。 活性酸素は紫外線や過度の運動を行うことで発生し、肌を酸化させくすみやシワなどの原因となってしまいます。 そのため、それらの酸化を防ぐために「抗酸化作用」と呼ばれる機能を持つ食べ物を多く取り入れることが重要です。

強い抗酸化作用を持つとされるものには、ビタミンEやポリフェーノール、カテキンといった成分が挙げられます。 ビタミンEやポリフェノールは果物や豆類に多く含まれており、中でも「大豆」は第一回でお話した「エストロゲン」に近いホルモンを含んでいるため、非常に強いアンチエイジング効果を持つ食べ物のひとつです。普段の食事にも取り入れやすいのも嬉しいですね。

また、これらの老化を防ぐ食べ物とは反対に、老化を促進してしまう食べ物も存在します。 一般的に「糖化」と呼ばれる現象も身体を衰えさせてしまうモノの一つです。 糖質の高い食べ物を摂りすぎると、体内で糖とたんぱく質が結びつき、強い老化促進物質となってしまう他、糖尿病などの生活習慣病まで引き起こしてしまいます。

そのため、身体に悪影響を持つ食べ物を減らし、アンチエイジングに効果的な食事を増やす食習慣作りが大切です。
Top

Copyright© SALON DE ESPOIR. All Rights Reserved.