TOP > コスメブログ

エスポワール コスメブログ

2017.11.21

キャビテーションとEMSで一気にやせる!効果とその理由とは?

キャビテーションの利用を考えたことがある人ならば、EMSも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 EMSとはElectric Muscle Stimulationと言い、電気を使った筋肉トレーニングの事を指します。綺麗な体になるためには、痩せるだけではなく、適度な筋肉も必要です。

痩せて筋肉をつけたいと思う時、キャビテーションとEMSの相性は非常に良く、綺麗に痩せたい方には非常にオススメです。 ここでは、なぜキャビテーションとEMSはとても相性がいいのか、そしてなぜ一緒に施術してもらうべきかについてご紹介します。

1.EMSとは?

EMSとはElectric Muscle Stimulationの略で、電気を使った筋肉トレーニングの事を指します。 元々は病気や怪我のリハビリ、高齢者の運動のために使われていたトレーニング方法です。 外部から特殊な電気を送り、筋肉の運動量を増やすことによって、脂肪を燃焼する効果を生み出します。 電気の刺激で反射的に筋肉を動かすため、EMSマシンの強弱を調整でき、筋肉痛になることもあります。

2.キャビテーションとは

キャビテーションの目的は、脂肪を乳化し取り除くことです。キャビテーションマシンでは、超音波を用いて脂肪を乳化させ、体外にそれを排出させることができます。 キャビテーションは超音波なので、電気とは違い刺激を感じることは少ないです。

3.相性がいい理由

EMSとキャビテーションは、それぞれ施術の目的が異なります。 EMSは筋肉をつけることを目的としているのに対し、キャビテーションでは脂肪を減らす事を目的としています。それゆえ、この二つを併用することによって相乗効果が期待できます。

まずはキャビテーションで脂肪を乳化する必要があります。 また施術後は脂肪が燃えやすい状態になっています。 乳化した脂肪を排出、消費するためにはキャビテーション後のマッサージや運動が必要です。

この運動の代わりに、EMSを効果的に用いることができます。EMSの運動効果は高いため、キャビテーションと組み合わせれば、乳化した脂肪を排出するだけではなく、さらなる燃焼によって脂肪を減らす事が期待できます。

またそれにより筋肉が増えれば、基礎代謝が増えて痩せやすい体質になります。 それゆえ、キャビテーションとEMSの施術が終わった後には、脂肪が減ってそれを効果的に消費し、部分的に必要な筋肉がついていることが期待できるのです。 これによってリバウンドしにくい、痩せやすい身体を手に入れることができるので、この二つは相性がいいとされています。


今回は、EMSとキャビテーションの違い、そしてなぜ相性がいいのかについてご紹介しました。 仕事やプライベートで忙しいと、なかなかダイエットに取り組むことは難しいと思います。 そんなときに、EMSとキャビテーションは非常に効果の高い組み合わせとして人気があります。 もし時間がなくて、ダイエットに時間が取れないという方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。
2017.11.05

キャディテーションの効果-個人差がある理由とは?-

キャビテーションの施術を受けたいけれど、適当な回数や頻度が分からないと悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 脂肪を効果的に落とすことができるダイエット方法として人気な施術ですが、その効果には個人差があり、人によって施術を行う回数も異なります。

そこで今回は、一般的に体のパーツに必要な施術数と、キャビテーションの効果に個人差がある理由についてご紹介したいと思います。

1.必要な回数とは?

キャビテーションの効果のあらわれ方は人によって異なります。 1回目で痩せる人もいれば、3回目で細くなってきたと実感する人もいます。

キャビテーションに必要な回数を考えるときには、このキャビテーションによる効果のあらわれ方、そしてどこまで細くしたいか、痩せたいパーツの数によります。 またキャビテーションは、超音波が届く深さが限られており、溶かした脂肪を体内で代謝にするので、体に負担になりすぎないように数回に分けて施術を行う必要があります。 1パーツあたりに必要な施術は、およそ3~6回とされています。

2.痩せる回数に個人差がある理由

キャビテーションの効果が表れやすいか否かには、個人差があります。 できれば素早く効果を実感したいのが、多くの方の本音だと思います。 その効果の個人差を生み出している理由は主に3つあります。

一つ目は、セルライトの量。二つ目は、脂肪の硬さ。三つ目は、代謝の良さです。 一つ目のセルタイトの量について、セルライトは脂肪の老廃物の塊の事を言います。 肌の奥についており、普通にはなかなか落ちないものです。

キャビテーションの超音波は深さが2~3センチほどまで届きます。 一度で全てのセルライトを撃破できるわけではないので、しっかり落とすには数回のケアが必要になります。 セルライトが厚い人ほど、その効果を認識するまでに時間がかかります。

二つ目の脂肪の硬さについて、脂肪の硬さはバターと似たようなものです。 柔らかければ、柔らかいほど溶けやすいです。 脂肪が硬いと痩せにくいと言えます。

三つ目の代謝について、代謝がいいと体のめぐりが良く、溶けた脂肪が効率的に排出されます。 また基礎代謝が高いことは筋肉量が多いことを意味しているので、代謝の良さは脂肪が燃えやすい体質を意味しています。


今回は、キャビテーションの効果に個人差がある理由についてご紹介しました。 もともと持っている体質に影響される部分も大きいですが、キャビテーションの効果を個人で高めること、痩せやすい身体になる事は可能です。 そうした個人の努力とエステを上手に使うことによって、より理想に近い身体を手に入れることができるのではないでしょうか。
2017.10.08

キャビテーションで痩せたい人必見!失敗しない3つのポイント

みなさんこんにちは。 メスを使わずに脂肪を排出する「キャビテーション」が注目されています。 しかし、キャビテーションを受けた方でも「痩せた!」という方と「あまり効果がなかった」という方がいらっしゃいます。 「キャビテーションは本当に効果があるの?」 このような疑問を感じている方もいらっしゃると思います。 今回はキャビテーションで失敗しないために抑えておくべきポイントをご紹介します。

・キャビテーションの仕組み

キャビテーションは痩せたい部分に超音波をあてて脂肪を破壊し、外に脂肪を排出しやすい状態にすることで、痩せ効果を得るという施術法です。メスを使わないため、痛みや施術跡がないというのがキャビテーションのメリットです。

・キャビテーションで失敗しないためのポイントその1

適切な施術頻度を確認する

キャビテーションには個人差があります。だれでも同じようにやれば同じように痩せるというわけではありません。そのため、適切な施術頻度をエステティシャンと相談して、効果が一番大きいと見込まれるプランを決める必要があります。適当に回数を決めて適当な期間に施術を行っていてはせっかくの痩せるチャンスが台無しになってしまいます。

・キャビテーションで失敗しないためのポイントその2

施術前に体温を上げる

施術前に体温を上昇させておくことで、キャビテーションの効果を高めることができます。そのため、身体を温めるプランといっしょに行うことが重要になります。エステティシャンと相談して自分にあったプランを選びましょう。

・キャビテーションで失敗しないためのポイントその3

施術後に脂肪の排出を促す

上記にも書いた通り、キャビテーションはあくまで脂肪を外に排出「しやすい」状態にする施術法です。そのため、すぐに排出しないと痩せ効果が得られません。脂肪の排出を促すにはマッサージなどのケアを行うことが必要です。こちらも自分にあったものをエステティシャンと相談して決めるのがおすすめです。



いかがでしたか。 キャビテーションは施術跡が残らず、自分の好きな部分を選んで痩せ効果を得ることができますが、ただやみくもに施術を受けても効果が得られるとは限りません。エステティシャンと施術プランを相談し、適切な頻度で施術を受けることで痩せ効果を高め、理想の身体を手に入れることができるのです。
12345... 
Top

Copyright© SALON DE ESPOIR. All Rights Reserved.