TOP > 美容情報

美容情報

2018.06.13

ファスティングで体質改善!やり方を解説します

最近流行の「ファスティング」 何も食べることができないというイメージがあり、健康に悪影響がありそうだと考えておられる方も多いのではないでしょうか。 ファスティングはもともと断食という意味ですが、現在では三食を酵素の含まれる専用のドリンクやグリーンスムージーに置き換え、間食は我慢し水分のみにするという方法が一般的です。

正しい方法で行うことで酵素の力で体質改善が見込めます。 必要最低限の栄養だけを取り、内臓を休め体を内側からリセットしていくのです。

本気で痩せたいなら挑戦してみませんか。 ファスティングのやり方と流れを説明していきます。

■なぜ酵素を取るのか 酵素は体内での物質の分解や代謝に関わっている非常に重要な成分です。 主に食べものに含まれる物質を酵素が分解してくれることによって、それは筋肉になったり消化を助ける成分になったりしています。 そのため、酵素を摂取することは代謝を促進することにもつながります。 また、ファスティング期間中は余計なものを食べないため、消化器官を休め体をリセットしているのです。

■ファスティングの流れとは では、実際のファスティングのやり方を紹介していきます。 専門家の指導が無ければファスティングが続かない方も多いのではないでしょうか。 痩せたいからといってだらだら続けず、無理のないようにしましょう。

・準備期間 断食に体をならしていく期間で、三日前から栄養のある食事に切り替えます。 チョコレートや揚げ物など、糖質の高いものは食べないようにします。

・ファスティング本番 ファスティング本番は酵素ドリンクやスムージーだけを、1日に4,5回ほど摂取します。 間食がしたくなっても、体が糖分を吸収しやすい状態になっているので、パンやお菓子は絶対に避けましょう。 太りやすくなってしまいます。 どうしても間食がしたい場合は、フルーツや炭酸、白湯などを少しとるようにしましょう。

・回復期間 徐々に通常の食事に戻していく期間です。 ファスティングの期間と同じだけとるので、この場合だと3日ですね。

何も食べていない状態を体は飢餓と勘違いしているため、太りやすくなっています。 そのためこの期間に何を食べるかはとても重要になってきます。

ファスティング終了直後はおかゆなど消化器官に負荷をかけないものから食べ始め、徐々に固形物にしていきましょう。 豆類・ごま・海藻類・野菜・魚・きのこ・いもを中心としたバランスの良い食事を腹八分目ほどとるのがおすすめです。

■まとめ 私たちはカロリーが高い食事に慣れすぎています。 一度ファスティングをすることで生活・そして体質をリセットしてみませんか。 ファスティングがダイエットのきっかけになるといいですね。
Top

Copyright© SALON DE ESPOIR. All Rights Reserved.