TOP > 美容情報

美容情報

2019.05.04

天王寺のエステサロンが解説!しみの原因と対処法をご紹介!

女性のみなさんの中には、お肌の悩みとして顔のしみが気になるという方も多いのではないでしょうか。 顔のしみというのは、多くの女性が経験する悩みであり、お化粧で多少ごまかせてもなかなか目立つ厄介なものですよね。 顔のしみはなぜできてしまうのか、どうしたら消えるのか気になりませんか? そこで、今回は顔のしみの原因と対処法についてご紹介していきます。

□しみの種類

しみには様々な種類がありますが、今回は主なものをご紹介していきます。   *日光黒子(にっこうこくし) 老人性色素斑とも言われるこのしみのタイプは主に紫外線が原因となって顔にあらわれます。 境界がはっきりしている薄茶色のしみで、特に中年以降に増えることが多いものです。   *肝斑(かんぱん) 目の周りを避けて左右対称に症状が現れるのが特徴のしみです。 お化粧でもごまかしにくく、女性の悩みのタネともなっています。   *そばかす このタイプのしみは雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれ、直径数ミリ以下の丸く小さなものです。 頬や目の下にあらわれることが多いのが特徴です。   *炎症後色素沈着 ニキビや吹き出物などによって、炎症が引き起こされた後に残るしみです。 年齢や性別問わずあらわれるのが特徴です。

□しみの原因

しみの主な原因はメラニン色素の沈着にあります。 通常、紫外線を浴びるとメラニンが生成されますが、約1ヶ月をサイクルにターンオーバーと呼ばれる肌の代謝によって消滅していきます。 紫外線などの影響でメラニンが大量に作られたり、ターンオーバーが正常機能しなくなったりすると、色素沈着してしみになるのです。 また、加齢やストレスによってもこうした状況は引き起こされます。

□しみの対処法

そもそもしみをなくすには紫外線を過剰に受けないことや生活習慣を改善することなどが挙げられます。 では、できてしまったしみをなくすにはどのように対処すれば良いのでしょうか。 対処法のひとつとしてターンオーバーを正常化することが挙げられます。 ターンオーバーを正常化するには様々なやり方がありますが、効果的でおすすめなのが「フェイシャルエステ」です。 フェイシャルエステでは、クレンジングやウォッシングで肌深部の汚れを取り除き、超音波やイオン導入によって、基礎代謝の向上や血行促進の効果をもたらします。  

□まとめ

今回は顔のしみの原因と対処法についてご紹介しました。 しみの原因としてはメラニンの色素沈着が多く、その効果的な対処法としてはフェイシャルエステがあります。 当社でも、フェイシャルエステをご提供しておりますので、気になる方はぜひ一度お問い合わせください。
Top

Copyright© SALON DE ESPOIR. All Rights Reserved.