TOP > 美容情報

美容情報

2018.06.01

「キャビテーションで痩せた!」と言うためにやっておきたいこと

切らない脂肪吸引とも言われ、効果の高いキャビテーション。 コストをかけるのですから、より痩せたいですよね。 キャビテーションの効果を強く発揮させるためにできることを四つご紹介します。

■頻度や回数に気をつける キャビテーションは即効性があり、1回目からサイズダウンができたという声も見かけられます。 ですが、身体の機能により、キャビテーションで潰した脂肪細胞は再生してしまうので、そうなる前に何度か施術を繰り返さなければいけません。 大幅に痩せるためには、週に1回ほど、3ヶ月通えば効果は抜群でしょう。

■自宅でもマッサージ キャビテーション施術後は、脂肪が流れやすくなっています。 そのためエステでは、リラックス効果もかねてリンパマッサージをしてくれるのが一般的です。

脂肪や老廃物を体内に残したままにしておくと、キャビテーションの効果は半減してしまいます。 ですので、自宅でもマッサージを継続することを心がけましょう。 部位によってやり方は違いますが、内側から外側に脂肪を押し流していくイメージです。

エステティシャンのように強力な効果を得ることはできないかもしれませんが、オイルを使って滑りをよくしたり、力がないならローラーを使ってみることもおすすめです。 エステティシャンの方に施術後アドバイスをいただくのもいいですね。

■食生活に気をつける キャビテーション後は脂肪が燃えやすく、痩せやすい体になっています。 ここで食事に気を抜かないことが大切です。 とはいえ、極端な食事制限の必要はなく、1200~1500キロカロリー程度を摂取するのが望ましいです。

動物性脂肪を控え、肉を食べるなら低カロリー高たんぱくな鶏肉がおすすめです。 また、代謝をアップさせるため、水分をたくさん撮ることも心がけましょう。

■キャビテーションと合わせると効果アップな痩身エステ さらに痩せたいなら、他のエステ施術と併用することもできます。 ここでは、ブライダルエステなどより早く効果がほしい方が併用されている施術方法を二つご紹介します。

・エンダモロジー 専用のローラーで脂肪を潰す方法です。特にセルライトに効果があり、肌表面の凸凹を解消してくれます。

・EMS 電気で筋肉を刺激し、筋力をアップさせます。 筋肉量が多い人は体温が高いため、代謝をよくすることができます。

もし検討している場合は担当のエステティシャンの方に相談してみてくださいね。 より効果を高められるようにアドバイスをいただけるかもしれません。

■まとめ キャビテーションで痩せやすくなる4つの方法について紹介しました。 「痩せたい!」と強く願う人は多いでしょう。 上記の4点を意識して、あなたも効果的に痩せてみませんか?
Top

Copyright© SALON DE ESPOIR. All Rights Reserved.